餃子と相性のいい中国のお酒

餃子と相性のいい中国のお酒

あなたは餃子を食べる時に、お酒は何を飲んでいますか?
ビールと答える人も多いと思います。
もちろん、ビールも合いますが、餃子はビール以外のお酒とも相性がいいのです。

 

例えばニューヨークにある餃子専門店では、餃子の具材をフカヒレやトリュフなど豪華にして、
赤ワインと合わせて飲むスタイルが人気を集めています。

 

餃子の具材だけでなく、餃子のタレにも拘りがあり、白トリュフのオイルを使っているそうです。
また日本でも、フレンチバルで、餃子とシャンパンの組み合わせを提案しています。

 

ただ、赤ワインやシャンパンでオシャレに餃子を楽しむのは、女性には喜ばれるかもしれません。
ですが、男性は、そんなお上品にではなく、餃子はもっと気軽に楽しみたいと思うかもしれません。
そんな人にオススメなのは、餃子は中華料理ですから、やっぱり中国のお酒との相性がいいと言えるでしょう。

 

中国のお酒の中でもおススメなのは、五加皮です。
中国の広州に伝わるハーブ酒で、果実の皮を使っているので、香りがよく、健康にいいお酒です。

 

また餃子などの味の濃い料理に合うお酒として、紹興酒があります。
紹興酒は、他のお酒と比べるとアミノ酸が多く含まれているので、餃子の味を引き立てる効果があります。
紹興酒は、料理とお酒の両方が美味しく味わえるお酒として、中国では食中酒として人気があるお酒です。
味に深みがあり、熟成期間が長くなるほど、美味しくなります。

 

ただし、五加皮や紹興酒の中には、アルコール度数が高いモノがあるので、飲む前に確認をするようにして下さい。
立川 居酒屋