お好み焼きとハイボール

お好み焼きとハイボール

お好み焼き屋さんにいくと、目の前の鉄板で自分で焼いたり、スタッフが焼いてくれたりします。
そのため、お好み焼きを焼いていると、ちょっと暑いと感じ、冷たい飲み物が欲しくなります。
そしてそんなお好み焼きと相性がいいお酒は、ハイボールです。

 

お好み焼きの甘いソースを食べた後に、ハイボールのソーダ―がスッキリ引き締めてくれるので、非常に後味がいいと言えるでしょう。
氷を入れて、キンキンに冷やして飲むのもいいのですが、ウイスキーの旨みを楽しみたいなら氷は入れないで下さい。
ただし、温いハイボールは美味しくありませんから、氷を入れない場合は、必ずグラスとソーダをしっかり冷やしておきましょう。

 

アレンジとしては、レモンの皮で香りをつけたり、ソーダ以外の炭酸ガスの飲物でもハイボールは作れます。
例えば、トニックウォーターやジンジャエール、コーラーで作っても美味しいので、どれが一番お好み焼きに合うのか試してみてくださいね。

 

ちなみにお好み焼きは、季節問わず1年中楽しめますが、特におススメの季節は夏です。
夏バテで食欲が落ちている時でも、お好み焼きなら野菜もお肉もたくさん具材に入っているので栄養満点です。
夏らしく、トッピングにはトマトとチーズがオススメです。
チーズのとろみと、トマトの酸味、ソースの甘み、そこハイボールの爽快感が加わって、相性は抜群だと言えるでしょう。

 

お好み焼きにはビール派も多いですが、ビールの苦味が苦手な女性やそもそもアルコールに弱い女性も少なくありません。
そんな女性でも、ハイボールなら、ソーダ―の分量を変えればアルコールが弱い人でも美味しく飲む事が出来ます。
藤沢 イタリアン