居酒屋でまずはじめにオーダーするものとは

居酒屋でまずはじめにオーダーするものとは

居酒屋についてから最初に注文するドリンクといえばビールですね。
まずは席についてすぐに店員さんにビールをオーダーして、その到着を待ちます。
それからビールを飲みながらゆっくりと他の注文を決めていきますよね。

 

飲み物で最初にオーダーするのはビールなのですが、
それに合わせたおつまみで最初に食べる物、オーダーするものは何でしょうか。

 

一般的な居酒屋の場合、席に通されるとお通しが提供されます。
このお通しですがお店によってメニューはさまざまですね。
よく使われるレシピとしては、酢の物、魚介類を使ったメニューが定番ですね。

 

それを食べながらまずは最初の一杯を飲むパターンが多いのですが、
自分で注文するおつまみとして定番なのが枝豆や豆腐ではないでしょうか。
枝豆や豆腐はビールにとてもよく合うおつまみですね。
そしてその後にサラダや揚げ物、ご飯ものといった順番で料理をオーダーしていくと思います。

 

なぜ最初に枝豆や豆腐といったあっさりとした物を食べたいと思うのでしょうか。
実はそれはビールに合うからという理由だけでなく、
健康面でもとても良い効果をもたらしてくれるのです。

 

枝豆や豆腐の主な栄養素といえばたんぱく質ですが、
最初に食べておくと二日酔いを予防するのに働いてくれるのです。

 

しかも枝豆、豆腐はすぐに提供できるように準備されているため、
注文してから出てくるまでの時間が短く、すぐに食べられるのも魅力です。
注文してから股されるとお腹もすいて、酔いが回りやすくなりますのですぐに出てくる料理はありがたいのです。