行きつけの居酒屋の作り方

行きつけの居酒屋の作り方

一人で気軽に飲みに行く事が出来る、
行きつけの居酒屋を作りたい。

 

そう思っても、どうやって作っていいのか分からない、
という人もいるでしょう。

 

そんな人のために、
行きつけの居酒屋の作り方を紹介したいと思います。

 

まず最初に、行きつけになりたい居酒屋を見つけましょう。

 

行きつけになりたい居酒屋とは、
自宅から通いやすい場所にある事。
雰囲気が落ち着いていて、居心地がいいと感じる場所。
料理やお酒が自分の好みである事。
定期的に通っても、
経済的負担にならない料金設定である事などが、条件に挙げられます。

 

当然最初から行きつけになれるわけではありませんから、
顔見知りから常連になるまで通い続ける事が大切です。

 

顔見知りとなるポイントは、
なるべく決まった曜日や決まった時間に行くといいでしょう。

 

居酒屋には、毎日たくさんのお客さんが訪れます。
そのため、決まった曜日や時間に訪れた方が、
印象に残りやすいという訳です。

 

そして店員に話しかけてみましょう。
仕事の邪魔になるといけませんから、
注文の時やお会計の時など、軽く世間話をしてみましょう。

 

「○○が美味しかった」など、料理を褒められると、
お店側も悪い気はしないはずです。

 

カウンターがあるお店であれば、カウンターに座るようにしましょう。
その方が、話すきっかけを作りやすいからです。

 

何回ぐらい通えば、行きつけの居酒屋だと言えるのでしょうか?
その判断は人それぞれ異なると思いますが、
平均的に4回ぐらい通えば顔見知りになれるでしょう。

 

そして、1〜2ヶ月に1度以上の頻度で、
定期的に通うと行きつけの居酒屋と言えるのではないでしょうか。
私の行き着けはこちらの居酒屋https://gifu-yui.com/