行きつけの居酒屋を作るメリット

行きつけの居酒屋を作るメリット

学生のうちは、安い全国チェーンの居酒屋で、
友達とワイワイ騒ぎながらお酒を楽しむ。
そんなお酒の楽しみ方でも、十分だと言えるでしょう。
気の合うサークルの仲間だけで、蒲田のバーを貸切にして楽しむのも良い思い出になるでしょう。
しかし社会人になったら、
自分の行きつけの居酒屋を1〜2つぐらいは作りたいですよね。

 

では、行きつけの居酒屋を作るメリットについて
紹介したいと思います。

 

まず一番のメリットは、
自宅以外にも落ち着ける場所があるという点です。

 

例えば、失恋をして一人でいたくないけれど、
相手に気遣う余裕もないから誰かと一緒にいたくない。

 

そんな気持ちの時は、行きつけの居酒屋で一人だけれど、
人の気配があり居心地がいい空間が最適なのです。

 

また行きつけの居酒屋を作ると、店員と顔見知りになります。
そのため、優遇が利くようになるでしょう。
例えば、苦手な食材があり、
それを抜いて自分の好きな食材を加えて、
メニューをアレンジしてもらえるかもしれません。

 

恋人と飲みに来た時には、
周囲が気にならない席を用意してくれたりするかもしれません。

 

そんなちょっとした優遇が、
常連客と認められたようで嬉しく感じますよね。

 

他にも常連客同士で、顔見知りになる事で、
行きつけの居酒屋で新しい出会いがあるかもしれません。

 

その出会いは異性との出会いに限定されず、
社会人になって初めて友達が出来たり、
自分が欲しい情報を持っている人との出会いにつながるかもしれません。

 

それに、気軽に一人で飲みにいける場所、
落ち着ける場所がある事は、
あなた自身の生活を豊かにさせてくれるでしょう。

 

学生を卒業し、社会人になったら、
行きつけの居酒屋を作ってみたいと思いませんか?