ウィスキーの美味しい飲み方

ウィスキーの美味しい飲み方

居酒屋やバーといった飲食店で振る舞われているお酒の中でも幅広い年代から好かれているのがウィスキーです。
最初は独特の香りが苦手であまり好きではなかったという人も、何度か飲んでいるうちにクセになり、いつしかお気に入りのお酒に替わってしまったという話をよく聞きます。

 

今回は、そんなウィスキーを美味しく飲むため帆の方法について詳しく見ていきましょう。
ウィスキーそのものの美味しさを感じたいときにおすすめなのはやっぱりストレートです。

 

一気に飲み干すのではなく、少量を口に含みながらお口の中で味わうようにして楽しみましょう。
すぐに酔っぱらってしまうという人は、ウィスキーを一口飲んだ後にお水などのチェイサーを口に含むと酔いが回るのを抑えることが出来ます。

 

ストレートは刺激が強いという人にお試しいただきたいのがハイボールです。
ハイボールとはウィスキーをソーダで割る飲む方です。

 

爽やかな炭酸がウィスキーの口当たりを軽くしてくれるので、あまりウィスキーを飲んだことが無いという人にも比較的好まれる飲み方といえます。
ソーダとウィスキーの割合は2:1がおすすめです。

 

ここから少しずつウィスキーの量を増やしていくと、ロックやストレートで飲むのに抵抗が無くなります。
面白い飲み方としてご紹介しておきたいのがミストです。

 

細かく砕いた氷で満たしたグラスにウィスキーを注ぐという簡単な飲み方ですが案外知られていません。
時間が経つとともに氷がさらに細かくなり、シャーベットのような感覚でウィスキーをお楽しみいただけます。
様々な飲み方を通してウィスキーの魅力を体感してみてください。

 

ほのか所沢のウイスキーはなかなかのうまさでした。