居酒屋で出されるお通しの意味

居酒屋で出されるお通しの意味

居酒屋に到着して注文もしていないのに出てくるお通し。
これはお店のサービスなのかと思って喜んで食べてみてビックリ。
会計の時にしっかりと料金請求されているのです。

 

このお通しという習慣ですが、
どうやら日本独自のものであり海外にはそういったスタイルはないのだそうです。
韓国では外で食事をするとサービスでキムチを出してくれるお店が多いのですが、
サービスならまだ許せますよね。
日本の場合はお通しで出される物が自分好みではないこともありますが、
それでもしっかりと人数分の料金がとられてしまうのです。

 

お通しの意味は席料とスナックの両方の意味を持っています。
居酒屋に到着してから注文をするまでまだ多少の時間がかかりますし、
皆さん飲み物を先にオーダーしますので、ちょっとつまむものが欲しいと思います。
そこでお通しを出して料理を提供するまでも間を持たせるのです。

 

このお通しの料金相場ですが、お店によって異なります。
平均で300円前後のお通し料金を取るところが多いのですが、
お店によっては1000円以上の高額費用を請求するところもあります。

 

必要のないお通しを出されてお金を払うくらいなら、
最初からそんなものいらないと思うでしょう。
お通しは断ることはできるのでしょうか。
お店によりますが、お通しを断ることは可能です。
ただしお通しには席料という意味もありますので席料だけは徴収されてしまうケースが多いようです。
またお通しでトラブルになることを避けるため、
お通し制度自体を廃止してしまった居酒屋もあります。