立ち飲みするときのマナーとは?

立ち飲みするときのマナーとは?

お酒が飲みたくなったときに居酒屋に行くことがありますよね。
その居酒屋には様々な形態のお店がありますが、立ち飲み居酒屋に行ってみたいと思っている人もいるでしょう。
立ち飲み居酒屋というと気軽に立ち寄って楽しめるという印象がありますが、
立ち飲みにもマナーがありますのでマナーを守りながら楽しまなければいけません。

 

立ち飲みのマナーには、大勢で押しかけないことや長時間長居しないこと、
小銭を用意しておくことや1度にたくさん注文しないことなどが挙げられます。
立ち飲み居酒屋はあまりお店が大きくないので基本的に席数が少なくなっています。
席数が少なくてスペースが限られていますので大人数で行くと迷惑がられることがあります。
ですので、多くても3人くらいで行くようにして、3人以上の場合はテーブル席や座敷などがある、
座って飲める広い居酒屋に行くようにしましょう。

 

立ち飲み居酒屋はサクッと飲んでさっさと出ていくのがお約束となっていますので長時間に渡って長居するのは良くありません。
長くても1時間くらいを目安にしておき、飲み足りないのであればお店をはしごすると良いでしょう。
小銭を用意しておくのは、注文したらその場で料金を支払うシステムの場合に限りますが、
これは千円札などで支払うと忙しい店員さんがお釣りを出すのに時間がかかって迷惑をかけてしまうからです。
立ち飲みのお店はカウンターの場合が多いのですが、1度にたくさん注文すると狭いカウンターで場所をとってしまいます。
1人2品くらいにしておき、食べ終わってから次の料理を注文するのが良いでしょう。

 

個人的におすすめなお店はこちらです。https://r.gnavi.co.jp/23bed20y0000/