立ち飲み居酒屋で気を付けるマナー

立ち飲み居酒屋で気を付けるマナー

立ち飲み居酒屋で気を付けるマナーとは、
むやみに他のお客さんに話しかけないことや電話での通話はほどほどにしておくこと、
タバコに対して寛容になることやトイレに行く時は貴重品を持っていくことです。
立ち飲み屋といえば隣にいるお客さんといつの間にか仲良くなってしまうことがありますが、
1人で来て飲んでいる人にむやみに話しかけるのはマナー違反になります。
色々な事情があって1人で飲みに来ていますので、あまり話しかけないほうが良いのです。
お客さんでいっぱいになる立ち飲み居酒屋ですが、
隣のお客さんとの距離が近いので電話での通話はほどほどにしておくのがマナーです。
満員電車の中で通話するのがマナー違反となるように、
立ち飲み居酒屋でもマナー違反になりますので、どうしても電話したいときは外に出るようにしましょう。

 

ほとんどの立ち飲み居酒屋は喫煙OKになっていますので、タバコを吸いながら飲んでいる人のほうが多くいます。
ですので、タバコを吸わない人はタバコに対して寛容にならなければいけません。
どうしても耐えられないなら野外で飲める立ち飲み屋に行くと良いでしょう。

 

1人で立ち飲み屋に行く時は貴重品の管理に気を付けなければいけません。
特にトイレに行く時は財布や携帯電話などを必ず持っていくようにしましょう。
盗まれる危険性がありますし、
隣の人がお酒をこぼして壊れたりお金が濡れたりするトラブルになるかもしれないからです。
それに携帯電話を取り間違えてしまう可能性もありますので気を付けておきましょう。